◉本づくり展・岐阜柳ヶ瀬商店街はじまりました!3/20まで。

前日深夜まで設営、なんとか無事(?)初日を迎えました。これまでは美術館や本屋さん、一カ所での開催。それでも設営は重労働(汗)。今回のような商店街まちあるき複数拠点同時開催は初めての企画です。事前にタイムテーブルを切るも、ハプニングはつきもの。机上のスケジュール通りになんて進行できるはずがありません。


さて、開催初日。前日までの天気予報に反して快晴!

お店の開店を待たずして、商店街から「かわいい!」の声が。どうやら、昨晩吊った商店街アーケードの垂れ幕を見ての歓声らしい。

「ええええええ?まじですかあ?うれしいんですけど〜〜〜〜(泣)」、、、、深夜設営明け、ぼろぼろの体に、お客様の歓声が染みわたります。

岐阜駅から向かうと最初に目に入ってくるのはこちらの垂れ幕。柳ヶ瀬商店街の地図と『ぴーちゃんと私』。

歓声が続いています。正直、こんなに喜んでいただけるとは思っていませんでした。ありがとうございます。励みになります。

昼間はまったくゆとりがなく、撮影できたのは閉店後(陽が沈んで暗い)。ほんとうはリアルにお伝えしたかったのに。できませんでした。

ヨンマルニカイの正面入口
らせん階段をのぼると
メイン会場

ちなみに開場後すぐのようすは、唯一こちらの写真だけ。

「初めてみます」地元にお住まいの方々の姿

上の写真ではわかりにくいのですが、小さな水色の色紙を準備しています。

ガラス面に「あなたの〝飛ぶためのきまり〟を教えて」を書いて貼っていただきます。

よぶんなものは いっさい持たない

それが 飛ぶためのきまり

『ぴーちゃんと私』より

空色の色紙が増えれば、ガラス面にどんどん青空が広がる、(といいな)。

ご来場の際は、ひとこと添えて貼ってくださるとうれしいです。

ちゃんと告知できておらず、空になるまでは、まだまだ時間がかかりそう。

会場では「じぶんでつくるシルクスクリーン巾着」体験も(1000円)

巾着にシルクスクリーン印刷体験できます
好きな色を選んで、たったひとつの巾着袋、完成!

まちづくりと一体化した、初めての展示、初めての岐阜。1カ月間、どうぞよろしくお願いします。

正面ふたりが今回の立役者!MIYUKI DESIGNの瀧下さん(左)と田口さん(右)